学校生活

【高2】北陸修学旅行レポート

投稿日2021/12/24

高校2年生 北陸修学旅行 12月14日〜16日

~1日目~

東京駅に集合。久しぶりの旅行行事で生徒たちもワクワクしている様子でした。北陸新幹線はくたかで新高岡駅へ。


新高岡駅でバスガイドさんがお出迎え。この3日間、クラスごとに大型バスに乗って、北陸3県を移動します。


高岡市にある瑞龍寺へ。空は快晴、観光客も少なく、凛とした雰囲気がより一層引き立っていました。


世界遺産に登録されている菅沼集落。合掌造りの建物が並ぶ集落内を自由に散策しました。郷土料理の五平餅を美味しそうに食べている生徒もいました。


高岡伝統の鋳物造りをされている株式会社能作の本社を見学しました。錫、真鍮、青銅を使用し、洗練された技術で鋳られた作品に生徒たちも惹かれていた模様。


ロイヤルホテル富山砺波に到着。夕食を食べて、明日の金沢市自由行動に向けて各班で最終打ち合わせをしました。1日目は移動時間が長く、だいぶ疲れている…と思いきや、生徒たちはまだまだ元気いっぱい。早く寝てくださいね。

~2日目~

8時20分にホテルを出発して、日本三大庭園の一つである兼六園へ。荘厳で悠々とした雰囲気の大きな庭園を現地の学生さんのガイドで1時間ほど見学しました。同年代の学生同士、仲良くなれたみたいです。


その後、金沢市の班別自由行動となりました。金沢城公園、21世紀美術館、近江町市場、東茶屋街などで、風情のある街並みや、海鮮・和菓子などの食を楽しんでいました。最後は全班、金沢駅に集合。駅の百番街でお土産を買っている生徒が多くいました。


金沢駅から大型バスに乗り、2日目の宿泊旅館のあわら温泉美松へ。到着してまもなく、北陸の海の幸を使った夕食を食べ、部屋の露天風呂や大浴場の温泉で旅の疲れを癒しました。


修学旅行委員によるレクリエーション企画で、クラスの絆、学年の絆がより一層深まりました。

 

~3日目~


ホテルを出発し、福井の名所である東尋坊へ。大迫力の岩肌と日本海の波風を間近で感じることができ、生徒たちもテンションが上がっていました。足元には気をつけて!


その後、1時間ほどバスで移動し、一乗谷朝倉氏遺跡に行きました。現地のガイドさんの案内で、戦国時代の復元街並を見学しました。この時代の人々の暮らしや街づくりの工夫などを学ぶことができました。


福井パレスホテルにて昼食を食べた後、金沢駅に向かい、北陸新幹線はくたかで東京へ。帰りのバス、新幹線ではさすがに生徒たちもお疲れの様子。


東京駅に到着。体調不良者0人、大きなトラブルもなく、楽しく学びの多い2泊3日の修学旅行となりました。最後の最後まで、気をつけて帰りましょう。

copyright © Teikyo university Junior & High School All Rights Reserved.