Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

学校長挨拶・沿革

理事長挨拶

未来へ進む たしかな一歩

「君の可能性を無限に伸ばす 学びがいと充実感がある学校です。」

豊かな自然環境と穏やかな雰囲気の中で過ごすことのできる学校-それが帝京大学中学校・高等学校です。しっかりとした計画に基づいた本校の教育は、将来の基盤となる学力を涵養するだけでなく、豊かな情操を育てる、ゆとりある学校生活をも生み出しています。昨今、学校教育のスリム化を主張する向きもありますが、本校では、思い切りたくさんのことを在校中に経験して欲しいと考えています。この、ある意味では欲張った思いを実現させる基盤となるものは、本校の最大の特色である少人数制による教育です。一人ひとりを大切にする体制により、生徒たちは基礎学力をしっかりと身につけ、さらに教員や友人たちとの触れ合いの中で、きちんとした価値観を確立してゆけるのです。そうした教育活動の結果として、最近の一流大学への進学実績の向上はすばらしいものがあります。10代で人生の基盤となる知性と感性、そしてしっかりした価値観を身につける-これは、これからの中学・高校生活を迎える皆さんと保護者の方々の自然な願いだと思います。帝京大学中学校・高等学校は、その願いにお応えする学校です。

学校法人 帝京大学 理事長

冲永 佳史

校長挨拶

「新時代に挑戦しうる心身と学力を培う」

近年の社会は激しく変化しています。将来その社会の中で生きていくために、幅広い知識を身につけ、合理的分析力、論理的類推力を養い、それを礎にした意思決定能力を身につけることが大切だと考えています。そのような能力を育むため、学習では、常に生徒一人一人の理解度に気を配りながら学力向上に取り組み、少人数制を生かして生徒の能力を最大限に引き出すことに力を注いでいきます。行事では、校外学習、体育大会、芸術鑑賞、文化祭、修学旅行、語学研修など多彩な行事を計画しています。このような体験を通じて仲間と協力をしたり、意見の違いで議論をしたりして精神的に成長することを促します。さらに、学習を続けるためには強い心と体が必要です。強い心と体を造るためには日頃から自らの健康に気を配り休まない、遅刻をしないなど強い意志を持って規則的な生活を送ることが重要です。これらの実践を通じて、生徒一人一人を大切に育てるため、教職員が心を一つにして熱意と創意をもって指導いたします。そして、緑につつまれたキャンパスで素晴らしい友と出会い、豊かな学園生活を過ごすことが出来ると確信しています。生徒の皆様が培われた心、体、能力を生かし自分の夢を持ち、大いに難関大学に挑戦し自らの目標を達成することを期待しています。

帝京大学 中学校・高等学校 校長

冲永 寛子

沿革(一部抜粋)

1931 5 帝京商業学校として渋谷区本町に創立
1947 2 東京都板橋区加賀に移転
1948 4 学制改革により、帝京商業高等学校と改称
1961 4 帝京商業高等学校を帝京商工高等学校に改称
1970 4 帝京商工高等学校を八王子キャンパスに移転
1973 4 帝京商工高等学校を帝京大学高等学校と改称
1983 4 帝京大学中学校開設
1995 8 帝京大学中学校・高等学校、現在地に移転

copyright © Teikyo univercity Junior & High School All Rights Reserved.