• アクセス
  • 資料請求

2018中学3年生沖縄修学旅行


  • 12月15日(土) 沖縄修学旅行④

     

     

    沖縄修学旅行最終日は、首里城公園を見学した後に、国際通りを散策しました。

    首里城正殿は2年3か月をかけた塗り直しの作業を終えたばかり。

    美しい首里城を見学することができました。

    国際通りでは、班ごとに分かれ思い思いのひと時を過ごすことができたようです。

    平和学習、民泊体験、体験学習など、学びも深く、思い出に残る4日間となったのではないでしょうか。

    いつの日かまた、沖縄を訪れてもらいたいものです。

     

     


     

     

  • 12月14日(金) 沖縄修学旅行③

     

     

    お世話になった伊江島の“おじい”と“おばあ”との短い出会いを終え、無事に沖縄本島に戻りました。

    思い出深い一泊となったと思います。午前中には晴れ間も見え、青い空、青い海を体感できました。

    午後は、それぞれのコースに分かれての体験学習、夜には宿泊先でのエイサー鑑賞など、盛りだくさんの1日でした。

    明日はいよいよ沖縄修学旅行最終日となります。

     

     


     

     

  • 12月13日(木) 沖縄修学旅行②

     

     

    本日は、タクシーを利用したグループ別研修から1日が始まりました。

    行き先はグループごとに様々でしたが、再集合場所の本部港の近くにある「美ら海水族館」を訪問する生徒が多かったようです。

    そして…いよいよ、民泊体験を行う伊江島へフェリーで移動!

    入村式後に、お世話になる伊江島の“おじい”と“おばあ”の家へ、少しだけ緊張した面持ちで移動していきました。

    思い出に残る体験学習となることを願っています。

     

     


     

     

  • 12月12日(水) 沖縄修学旅行①

     

     

    中学3年沖縄修学旅行は、参加者全員が元気に羽田を出発。

    初日は、南部の戦跡を訪問し、平和学習を行いました。

    平和祈念公園の見学後、戦時中に白梅学徒看護隊の活動の場となったヌヌマチガマを訪問。

    ガマの見学や生徒による「平和宣言」を行いました。

    夕食後には、戦争を体験した古謝厚雄先生にお越しいただき、沖縄戦と戦後直後のご経験について、お話をしていただきました。

    戦争の悲劇、平和の大切さを噛みしめる大切な1日になりました。