• アクセス
  • 資料請求

2018高校1年生NZ語学研修旅行


  • 12月18日(火) NZ語学研修

     

     

    本日は語学研修の締めくくり、さよならパーティーの日となります。

    スピーチコンテスト決勝の後は子どもたちの司会進行の下、南米音楽と合唱の披露、中国拳法と空手の演武、音楽選択者の合唱と全体合唱が行われました。

    3週間前には硬く緊張しきりだった表情も、いつの間にか柔らかい笑顔に変わっていました。

    慣れない英語でのコミュニケーションや文化の違いに戸惑うことや苦労したことももちろんあったことでしょう。

    ですが今日の様子を見る限りでは、多くの子が手ごたえや満足、そして名残惜しさを感じられているように思えます。

    明日にはとうとうステイ先を離れます。

    この旅日記の更新も本日が最終日となりますが、帰国した子どもたちの様子は、この記事以上に旅の実感を伝えてくれるものであろうと思います。

     

     


     

     

  • 12月17日(月) NZ語学研修

     

     

    最後の土日が終わりました。

    子どもたちはホストファミリーや友だちとそれぞれの時間を過ごし、語学研修旅行もいよいよ終わりが近づいてきています。

    本日はスピーチコンテストの予選と、修了証書授与式が行われました。

    予選では各グループの代表者15名が、ニュージーランドでの感動や好きなものへの愛など様々なテーマでのスピーチを披露してくれました。

    ここから選出される決勝進出者は5名、明日のさよならパーティーの場で改めてスピーチを行い、優勝が決まります。

    果たして、誰が選ばれるでしょうか。

    スピーチと証書授与のあとは、さよならパーティーに向けて合唱練習を行いました。

    中にはファミリーとの別れが近づいていることを実感して涙ぐむような子もいました。

    子どもたちの思いはきっとファミリーにも伝わるだろうと思います。

     

     


     

     

  • 12月13日(木)~14日(金) NZ語学研修

     

     

    語学研修も大詰め、最も大きなイベントとなるマウントクック一泊旅行が行われました。

    出発時には荒れていた天気も現地に近づくにつれ回復し、到着する頃には見事な青空が広がっていました。

    初日にはテカポ湖とプカキ湖という二つの湖を訪れました。

    どちらも青く美しい湖面が広がり、子どもたちは感嘆の声を挙げていました。

    宿では庭先で合唱の練習をしていたところ、他の宿泊客の方々にお褒めの言葉を頂き、その場で歌を披露するという場面もありました。

    突然のことながら子どもたち精一杯歌い上げ、大変喜ばれました。

    二日目はいよいよ本命のアオラキ/マウントクック国立公園です。

    この日も天気に恵まれ、無事に氷河湖にたどり着くことができました。

    残念ながらマウントクックの頂上だけは雲に覆われて見ることができませんでしたが、

    雄大なニュージランドの自然に圧倒された子も多かったようです。

    さて、来週には早くも帰国となります。日本が恋しくなってきた子、ニュージランドでの生活を名残り惜しく思う子など様々ですが、

    残りの日数で少しでも素敵な思い出を作ってもらえればと思います。

     

     


     

     

  • 12月12日(水) NZ語学研修

     

    12月12日

    ニュージーランドでの英語の授業もあとわずか、最終日のスピーチコンテストに向けて、準備が進められています。

    決勝には誰が選ばれるのか、非常に楽しみです。

    また、本日はマウントクック一泊旅行の説明のほか、南米音楽部と合唱部を中心とした街頭パフォーマンスがありました。

    ショッピングモールの一角をお借りして、道行く人たちに演奏と合唱を披露しました。

    コーディネーターの方々やホストファミリーの方々だけでなく、通りがかった人たちの中にも、足を止め、

    耳を傾けてくれる方々がおり、子どもたちにとっては非常に貴重な体験になったことと思います。

    (次回の更新では12月13~14日の様子をお伝えします。しばらくお待ち下さい)

     

     

     


     

     

  • 12月11日(火) NZ語学研修

     

     

    12月11日

    本日はグループ研修の最終日でした。

    多少の雨はありましたが、どのグループも無事にそれぞれの体験を終えることができました。

    明日はオリエンテーションを行い、13日にはいよいよマウントクックの一泊旅行です。

    子どもたちは宿泊の準備をしながらも、お土産のことやホストと過ごす週末のことを考え出しているようです。

    語学研修も後半戦、大事に過ごしてもらえればと思います。

     

     


     

     

  • 12月8日(土)~10(月) NZ語学研修

     

    12月8日~10日

    土日の連休を終え、語学研修は折り返しを迎えました。

    天候にも恵まれ、ニュージーランドでの休日を子どもたちは充分に楽しむことができていたようです。

    バス網の発達しているクライストチャーチでは、山にも海辺にも気軽に足を運ぶことができます。

    ゴンドラに乗って山頂からの景色を楽しむ子や、港からフェリーに乗る子、市内散策はもちろん、ホストファミリーに連れられてアザラシのコロニーを見に行くということもあったようです。

    グループ研修は残すところわずかとなってきました。

    月曜はあいにくの天気でしたが、慣れもあってか子どもたちには楽しむ余裕が出てきたように思えます。

     

     


     

     

  • 12月7日(金) NZ語学研修

     

     

    12月7日

    本日は天候に恵まれ、過ごしやすい一日となりました。

    特にアカロアのクルーズでは素敵な眺めが楽しめ、イルカやアザラシなどの姿に歓喜の声を挙げていました。

    さて、土日は授業のない、自由な二日間となります。

    子どもたちはどのように過ごすのでしょうか、予定を聞く限りでは様々のようです。

    友だち同士で遊びに行く子、ファミリーとクリスマスの飾りつけをする子、

    あるいはファミリーとキャンプに行く子などなど…。

    週明けにどんな感想が聞けるのか、心待ちにしたいと思います。

    (次の更新では12月10(月)の様子をお伝えします。しばらくお待ち下さい)

     

     


     

     

  • 12月6日(木) NZ語学研修

    本日の時程

    午前:英語研修 午後:班別研修

     

     

    12月6日

    本日でグループ研修は早くも半分ほどを終え、明日には午後の自由研修が待っています。

    生徒たちはそれぞれのステイ先での予定に胸躍らせている様子でした。

    ステイ先での生活を聞いてみると、お客を迎えるためのケーキを一緒に作ったり、近所に住んでいる別のファミリーと一緒に出かけたりと、「もう、本当の家族みたい」という感想を抱いた子もいました。

    中にはホストブラザーやシスターとゲームをしていたなんて生徒も…。

    夜更かしには注意しないといけませんね。

     

     

     

    ※諸事情により写真の掲載方法を変更します。ご容赦ください。

     


     

     

  • 12月5日(水) NZ語学研修

    本日の時程

    午前:英語研修 午後:班別研修

    12月5日

    現地での生活にも多少は慣れてきたでしょうか。

    はじめはホストファミリーに送り迎えをしてもらっていましたが、自分でバスに乗って行きかえりを始める人がでてきました。

    授業での表情も柔らかくなってきたように見えます。

    午後のアクティビティーはあいにくの雨。変わりやすいニュージランドの天気に翻弄されていました。

     

     

    A:ウィロウバンク動物園&マオリ体験

     

    B:アカロアクルーズ

     

    C:南極センター見学

     

    D:乗馬

     

    E:カヌー

    ※カヌーの写真がないため、授業風景を掲載します。(Eグループの生徒です)

     


     

     

  • 12月4日(火) NZ語学研修

    班別研修が始まります。

    時程↓

    午前:英語研修 午後:班別研修

     

    12月4日

    朝学校につくと、まずホワイトボードで1日の流れを再確認。

     

    そのあと各グループのコーディネーターさんに自分の体調を報告。それから授業に向かいます。

    コーディネーターさんたちは現地に長く滞在されているので、とても頼りになる存在です。

    授業のあとのアクティビティも始まりました。

    天気も良く、NZの自然を満喫しています。

     

     

    以下、アクティビティごとに掲載しております。

    A:アカロアクルーズ(左) B:南極センター見学(右)

         

     

    C:乗馬(左) D:カヌー(右)

         

     

    E:ウィロウバンク動物園&マオリ体験