• アクセス
  • 資料請求
合格体験記中高一貫生

合格体験記中高一貫生

  • K.A
    進学先
    北海道大(総合入試理系)

    この学校には受験対策を含めた学習環境が全て整っていて、先生に質問や相談に行くといつも自分の求める答え以上のものが返ってきました。また、一緒に頑張れる友達がいたことも私にとって大きな支えでした。学校からの帰りのバスの中や昼休みに英単語の問題を出し合ったり、わからないところを一緒に考えたりしました。不安になった時は学校に来ればいつでも話を聞いてくれる友達や先生方がいて、そのおかげで私は最後まで自信をもって受験本番に臨むことができました。この学校の人達は皆温かくて6年間、学校に行くのがいつも楽しみでした。

  • T.A
    進学先
    お茶の水女子大(文教育)

    私の帝京大学中学校・高等学校での6年間は、勉強だけでなく、部活動や委員会の活動など、忙しくも充実した日々でした。一方でその忙しさゆえに、受験勉強まで手が回らないのではないかという不安がありました。特に私が参加していた剣道部は引退が高校3年の夏前と、他の部よりも遅かったので焦る気持ちもありましたが、勉強面はもちろん、精神面でも先生方が丁寧なサポートをして下さり、無事に第一志望に合格することができました。少人数制の本校だからこそ私は受験を乗り越えることができたのだと考えています。

  • 大学受験をする上でのこの学校の長所は、学年全体での受験勉強ができるところにあると思います。この学校では高2の二学期の修学旅行が終わってから、高2の三学期を「高3の0学期」と位置づけて受験生に完全にシフトします。この時から先生方の雰囲気も変わり、自分たちもメリハリをつけて受験勉強を始めることができました。また、先生方との距離が近いことも長所の一つです。勉強や日常生活など様々なことについて色々な先生と話せたことも大切な思い出です。

    S.Y
    進学先
    信州大(医学部医学科)

  • 中学の時から定期試験の勉強は友達と一緒にこつこつと進めたり、文化祭をはじめとする学校行事も集まって楽しく準備するのが好きでした。そのためか、高3になると心構えは変わりましたが、勉強方法は変わらず友達と議論しながら進めました。授業のレベルが高く、応用問題も手ごたえがあるものなので復習をメインに進め、わからない所があっても、少人数の学校で先生との距離も近いので質問に行きやすく、記述問題の添削もじっくり丁寧に対応していただきました。そうした本校の特徴ともいえる一人一人に対する熱心な教育のおかげで第一志望にも合格することができました。

    H.K
    進学先
    京都大(工学部)