• アクセス
  • 資料請求
合格体験記中高一貫生

合格体験記中高一貫生

  • Y.H
    お茶の水女子大学     生活科学部

    この学校の特長は細かく学習のサポートをしてくれることだと思います。例えば、ほぼ毎日それぞれの教科の小テストがあるので、それに向けて勉強することで知識を確認し、定着させることができました。また、この学校の生徒は文化祭や体育大会などの行事はもちろん、勉強に対しても真面目に取り組む人が多いです。私は受験勉強中にやる気をなくしてしまうことが度々あったのですが、周りの友達の勉強している姿を見て「自分もやらなきゃ」と思えたことで無事に最後まで乗り切れたのだと思います。

  • K.T
    東京工業大学第2類

    この学校では先生の面倒見がよいこともあり、入学当初は成績がふるわない人でも自分の得意なところを伸ばして難関大学に合格した人も沢山います。自習室や勉強机のある図書室、豊富な過去問や問題集のみならず、いつでも質問を受け付けてくれる先生がおり、学習環境が充実していることから私は塾に行く必要がありませんでした。また、目指す大学のレベル別にクラスを分けるので、自分の周りに同じ志望校の人や自分より上のレベルの大学を受ける人がいて刺激になりました。

  • もともと自分はあまり勉強をすることが苦手で、決まった時間で問題を解く、ということがなかなか自発的にやれないでいました。ですが、この学校では授業内で演習問題を多くやってくれて、また、分かりやすく解説もしてもらえました。もし分からないところができても、高校3年生になると、少人数での授業も多いため、先生方やクラスメイトに質問しやすく、すぐ解消できました。合格後、学校に行ったとき先生方や友人たちから「おめでとう」と言ってもらえたときには、とても嬉しく、この学校で頑張ってきて本当によかったと思いました。

     I.T 
    一橋大学経済学部

  • 私は高2の3学期から徐々に勉強量を増やして受験勉強を始めました。それまでは授業でよくわからなかった部分の復習と試験前の勉強以外特に勉強はしていませんでした。夏になるまでは手ごたえがなく焦りも感じましたが、夏を終えてからゆるやかに成績が上がり始めました。冬休み前の担任の先生との面談で伸び悩んでいたある科目の相談をした所、良い参考書を教えて頂けたおかげでその科目を得点源にすることができました。最後まで諦めない気持ちを持ち、本番で実力を出し尽くす方法を考え続けたことが合格に繋がったと感じています。

    H.I
    東京大学理科Ⅱ類